エスカオロジー(Escaology)はラテン語で「食」を意味するエスカ(Esca)と、「学」を意味する-ologyを合体させた造語です。一言で云えば“食学”、すなわち食の多面性を考える新概念です。食の安全や安心についてのモノの考え方やモノの道理(サイエンス)と、これを支える技術を勉強する集団作りとしてのエスカオロジー研究所(Institute for Escaology)、が目的です。エスカオロジーの定義は「食の持つ色々な事柄を、科学としてことわり(モノの道理)から明らかにして行く学問」です。

 食は極めて多面的です。誰でも、どこでも、何に関しても、皆さんそれぞれに意見や思うところがあります。これが食文化の多様な理由です。だから、他人にとやかく言われるものでもなければ、ましてや化学(ケミストリー)や、科学(サイエンス)の世界とは縁遠いものであるという考えは、即刻考え直してください。手元の電子辞書によると、文化とは「人間が自然に手を加えて形成してきた物心両面の成果」とあります。従って、食に関しての自然のままとか、天然のままというのは、この定義には合わない文化ということになります。いずれにしろ、「物心」の内の物は科学の得意分野であることを強調したいと思います。