項 目

内 容

名前

松尾雄志(マツオ ユウシ)

学位/資格

  • 理学博士(大阪大学):1975年

  • 医学博士(大阪大学):1981年

  • 薬剤師(岐阜薬科大学):1964年

  • 健康食品管理士:2005年

海外経験

  • Yale University School of Medicine(米国コネティカット州、New Haven):2年間

  • Roswell Park Cancer Institute (米国ニューヨーク州、Buffalo):通算1.5年間

  • W. Alton Jones Cell Science Center/Upstate Biotechnology, Inc.(米国ニューヨーク州、Lake Placid):2.5年間

出身、略歴など

  • 大阪府出身(1942年生まれ)

  • 大阪大学理学部大学院(1970年終了)

  • 米国での研究歴を含めてアカデミア履歴 (*1)も、企業履歴(*2)も、夫々二十余年。
    (*1):大阪大学蛋白質研究所;香川医大・内分泌学;Yale University・医学部;米国Roswell Park研究所;米国WAJ細胞科学研究所(Senior Scientist)。
    (*2):田辺製薬褐、究所;米国Upstate Biotech Inc.(Group Leader);オリエンタル酵母工業(長浜生物化学研究所長/バイオ事業部長/常務取締役/関係会社北山ラベス会長/顧問)。

  • 米国の友人には「日本人としてはColorfulな経歴」と言われ、家のものからは「単なる根無し草で、浮気っぽいだけ」と言われています。本人はChallenge精神と思っている。

現状

  • 京都大学大学院医学研究科人間健康科学系 特別研究員

  • 大阪大学招聘教授(2005年から):蛋白質研究所

  • 大阪大学招聘教授(2005-6年):微生物病研究所

  • NPO日本食品安全協会 副理事長(2007年より)

  • (一般社団法人)健康食品管理士認定協会監事(2005年より)、理事(2008年より)

  • NEDO Peer Reviewer1670 (独立行政法人 新エネルギー産業技術総合開発機構研究開発推進部)

  • 日経BP社のBTJに英語論文の翻訳ライター

  • 日経BP社FoodScienceメールマガジンで「エスカオロジー」連載中

業績関係

  • 英語論文は、Nature、Proc. Natl. Acad. Sci.、Cancer Researchなど80報。

  • 日本語論文/学術書は50報。

  • 日本生物工学会論文賞(2002年10月27日)

  • 前立腺の新規タンパク質(Probasin)発見。その他、前立腺癌の成長因子とその受容体の研究

  • 炎症並びに心血管疾患のマーカーであるC-reactive proteinの遺伝子組換え型(rCRP)を世界で初めて開発・販売。

学会/教育

  • 日本生化学会 評議員

  • 日本癌学会

  • 日本臨床化学会 理事(2005年-2009年)

  • 生物試料分析学会 評議員

  • Urologic Oncology Editor 1991-1998年

  • 近畿大学・農芸学部 非常勤講師(2003年度)

  • 近畿バイオインダストリー講師

  • 日本臨床化学会法人シンポジウム企画委員長
    ・2006年年次大会(昭和女子大)
    ・2007年夏期セミナー(伊勢志摩)
    ・2007年年次大会(大阪国際会議場)

  • 臨床化学会近畿支部例会(2007年9月22日)
    ・研究者に求められる品質保証とは(若手研究者支援を参照

  • アイシン精機講演

モットー

  • 「Lowテク+分相応のHighテク」コンセプトのバイオ。

  • これで行けば、お金を撒き散らさないで、国内外の競争相手と喧嘩できる。

  • 但し,Lowテクとは技術レベルの高低ではなく、手間隙かかることをキチットできる「資質とその集団」。

趣味

  • テニス、スキー、ゴルフ(始めた順)。

  • テニスは相棒が国体選手で大いに楽しみました。

  • 今でも続いているのは、スキー。理由はこれだけが自分のイメージとのギャップが少ないから。ゴルフは最悪、でもこれが面白いらしい。